絵の中から緑風


梅雨に入り空が暗い日もありますが、こんな爽やかな作品は如何でしょう。

逆光の中、こちらを見ているのはモネの最初の妻カミーユです。(振り返ったところかな?)

描いたのは一瞬のことなのに、絵の中からずっと風が吹いていそうです。

(マスクよりヴェールの方が女性を美しく引き立てるような・・・)

 

 

作品名:散歩・日傘をさす女

製作年:1875

サイズ:10081cm

所蔵 :ワシントンD.C. ナショナルギャラリー

作者 :クロード・モネ(仏)18401926

 

カミーユの肘と腰辺りに映り込む、足元に広がる花の黄色。

緑に対して子供の麦わら帽子の赤がピリッと効いています。

色や影だけでなく、日傘や子供にあたる日光を塗り分けて、素早い筆使いが見られます。

 

モネは10代半ばでウジェーヌ・ブーダンに誘われ、屋外で描くことを始めました。

これが画材を持ち出し、仕上げまで外でする製作に繋がります。

スケッチをしてもアトリエで製作していた時代に、

屋外で光と色を求め続ける新しいスタイルが生まれました。

 

しかし、なかなか認められず1874年の第1回印象派展も酷評で生活は苦しいまま。

1879年にカミーユは30代の若さで病死してしまいます。

カミーユはモネの晩年の成功を見届けられなかったけれど、

作品の中で、愛息ジャンと爽やかな風の中に立ち続けているんですね。

モネにとっても思い出の一枚だったのではないでしょうか。

 

後に同じような2枚の作品がありますが、モデルは別人で表情は認識出来ない表現です。

再婚後、モネはジヴェルニーに移り住み、素晴らしい庭をつくり(今では観光スポット)

睡蓮の連作などを生み出しました。