ブログdeほっとタイム


今月までは、ブログでお話お届けしますね。

来月からは、皆さんにお会いできるのを楽しみにしています💕

 

この数か月間、お家で過ごす時間も増え、

お子さんとの接し方に、難しさを感じていたママも多かったんじゃないでしょうか。

 

子どもに肯定的な声掛けをした方がいいというのはわかるけど、

注意してばかりになってしまったり、

具体的にどう言えばいいのかわからなかったり、

なかなか難しいですよね。

「偉いねぇ」と褒めることが必要だと思っていると、

無口になってしまうかもしれません()

 

お子さんの行動を見て、そのままの様子を声掛けしてあげるだけでいいんです。

例えば、お子さんが棚の中の物を全部出して散らかしている時

こらーっとなるところですが、

一旦「全部出しちゃったの~楽しかったの~?」と声掛けしましょう。

自分の探索行動に共感してもらえると、

お子さんはとても自分が認められた気持ちになります。

そしてそれから「ママは散らかってるのは嫌だな。片付けておこうね」等、

声掛けすると、ママの言葉がお子さんに届きやすいです。

 

お子さんの困った行動の時ですら、

肯定的な声掛けのチャンスだとしたら、少しいい時間が持てそうな気がしてきませんか?

もし、「こらーっ!」と言ってしまうことがあったとしても、

あ、と思ってから「〇〇してるの~」と言い直しても大丈夫です。

もちろん、命に関わるような危機には、毅然と注意することも大切ですし。

 

幼い頃に、自分を認めるような声掛けを繰り返ししてもらった経験は、

人生を通して、心強いお守りになります。

 

ではでは、来月は第3水曜日に、お会いしましょう。

妊娠中のママから低月齢赤ちゃんのママ、大きいお子さんのママ、パパ、おじいちゃん、おばあちゃん、

どなた様でも子育て奮闘中の方、お待ちしてます😊